2011年04月22日

もやもやを感じた瞬間を採集

長薗安浩(ながぞのやすひろ)著『あたらしい図鑑』(ゴブリン書房、2008.6.10第1刷)。著者は『就職ジャーナル』『ダ・ヴィンチ』編集長。「就職氷河期」のネーミングで1994流行語大賞特別賞。

この本の中に、こんな言葉があった。

/////
もやもやした思いが言葉にならないってのは、嫌なもんだ。

もやもやして言葉にならないものを、このスケッチブックの紙に貼りつけるんだ。

ああ、シンラバンショウ、相手が何だってかまやしねぇ。まずは貼っちゃえばいい。大切なのは、自分がもやもやを感じた瞬間を採集することさ。そして、一枚ずつ部屋の壁にでも貼って、じっくりとむきあってみな。言葉がうきあがってきたら、さっとメモにでも残すんだな。きっと、少年の世界がちょっとだけ広く、深くなるぜ。
/////

心の動きを形あるものにする日頃の積み重ねのあり方を示された感じだ。
posted by かんちゃん at 06:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ことば・本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


最後までご覧いただきありがとうございました。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ