2010年09月25日

電子国土ポータル地形図を利用

 国土地理院のサイトに電子国土ポータルがある。
 25000分の1の地形図などを使用して、地図を表示させることができる。これを利用して
後鳥羽上皇関係地形図、 
地形図での地名検索と作図とXML作成
東京スカイツリーから地形図地名検索
の3つを作成してみる。
 地図と言えばGoogleMap(グーグルマップ)やYahoo!Mapもよく知られている。衛星写真情報もあるので地図では得られない良さがある。
 東京スカイツリーから検索と緯度経度(Googleマップ)東京スカイツリーからYAHOO地図検索も作成してみた。
 
 東京スカイツリーから検索と緯度経度(Googleマップ)東京スカイツリーからYAHOO地図検索でも最近は等高線などの情報も入りだしたが、後鳥羽上皇関係地形図、 
地形図での地名検索と作図とXML作成
東京スカイツリーから地形図地名検索
などの地形図には地図記号などによって、地図を読む楽しさもある。

 それぞれの地図の楽しみ方がある。

 東京スカイツリーから検索と緯度経度(Googleマップ)東京スカイツリーからYAHOO地図検索では、住所、施設名などでの検索ができる。
 東京スカイツリーから地形図地名検索
では、地名(住所ではない。字名、山や川の名)や羽田空港、金閣寺なども地形図に記入されているものであれば、かなり検索できるようである。ただ、私の住んでいる岡山県真庭郡新庄村に「毛無山」という山があり、県外からも登山者が訪れているが、これは検索でヒットしなかった。地形図には大きな字で記されているが、新庄村のではなく、それよりも約400メートルも低い真庭市の毛無山しか検索でヒットしない。どういう基準なのかちょっと分からない。
posted by かんちゃん at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


最後までご覧いただきありがとうございました。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ