2010年08月14日

Googleマップの作成

Google Static Maps APIのStatic Maps API デベロッパー ガイドのページを参考にグーグルマップを利用して、いくつかの地図を作成したいと考えた。
 ところがこの地図にデータを加えるのに、XMLファイルあるいはKMLファイルなどを使用しているものがあった。サンプルを参考にそれらのファイルを開いて書き換えてみたのだが、どうもうまくわからない。ファイルそのものの仕組みも分かっていないのだから当然と言えば当然なのだが。
 そんな中、Googleマップ インターネットネタ帳のGoogleマップのKMLを簡単に作成するというページに出会え、それを参考に

1.使いたい形式のサンプル(gmaps-samples-v3 - Revision 224: /trunk)をダウンロードする。

2.グーグルマップで「マイマップ」をクリックして自分が作成したい地図を作っていく。

3.地点を選び、写真やコメントを書き加える。

4.出来上がった地図を地図の上部に表示されている「リンク」をクリックする。

5.リンクをクリックして表示されたURLをテキストにコピーし、URLの末尾に「&output=kml」を付加して、ブラウザで開くと、KMLファイルがダウンロードできる。インターネットのネタ帳では「&outoput=kml」となっているが、pの前の「o」は誤記であろう。

6.1のスクリプトの中にkmlのファイルをghij.kmlなどと名前を付けて自分のサイト'http://www.abc.def/'にアップロードする。
地図のスクリプトの中に以下のように記述する。
var nyLayer = new google.maps.KmlLayer(
'http://www.abc.def/ghij.kml',
{ suppressInfoWindows: true,
map: map});
こうして作成した第1号が、

隠岐の旅地図(Googleマップ)

です。ご覧ください。

posted by かんちゃん at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


最後までご覧いただきありがとうございました。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ