2017年03月11日

3回目のコンニャクづくり

IMG_20170311_153616.jpg
今季、3回目のコンニャク作り。
今回は600〜700gの芋3個で約2kgとして作る。
炭酸ナトリウム30gをぬるま湯で溶かして凝固剤とする。
芋をい茹でる間、型を取って30分ほど茹でる間、手が空くので、関口知宏さんの「列島縦断鉄道乗りつくしの旅 絵日記でめぐる34日間」を読む。
いま、朝のNHKBSで関口知宏さんのイギリス鉄道旅に誘われ、彼の本を読む機会を得た。それも絵日記が素敵でもっと多くの絵を見たいというのがきっかけだった。
関口さんも楽器演奏ができ、作詞作曲もしたり、おまけにスケッチ絵なども上手。
羨ましい限りだ。
[tags コンニャク,関口知宏,鉄道旅,,]
posted by かんちゃん at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ

2017年02月21日

未来は常に過去を変えている〜「マチネの終わりに」平野啓一郎

「マチネの終わりに」平野啓一郎にちょっと心に留めたい言葉の数々。
人は、変えられるものは未来だけだと思い込んでいる。だけど、実際は、未来は常に過去を変えているんです。変えられるとも言えるし、変わってしまうとも言える。過去は、それくらい繊細で、感じやすいものじゃないですか?」(クラシック・ギタリスト蒔野聡史がフランスRFP通信の記者小峰洋子に)

「午後の演奏会(マチネ)」

「みんな、自分の人生の主役になりたいって考える。それで、苦しんでる。自分もずっとそうだったけど、今はもう違う。蒔野さんの担当になった時、わたしはこの人が主役の人生の”名脇役”になりたいって、心から思ったっていうの。」「彼女(三谷早苗)は、蒔野さんが主演を務める人生に、ずっと、すごく重要な脇役としてキャスティングされ続けるなら、自分の人生はきっと充実したものになるって言うの。考えただけでも胸が躍る。だから、蒔野さんのためなら何だってできるって。・・・」(洋子が蒔野に)

「彼女みたいに誰か一人の人生の助演女優賞を目指すっていうタイプでもないし、色んな人が主役の人生の中で、ちょっと味のある脇役を務められれば十分かなって。そういうのも、案外、楽しそう。」

「洋子は、是永のいかにも悪気のない憶測を、あれ以来気に懸けていた。一旦芽吹くと、洋子の中には、夏休みの朝顔のように三谷の存在が幾つもの鮮やかな花を咲かせ、感情の隙間にその蔦を絡ませていった一つ一つの花は、決して長くは保たなかったが、蕾の数はなかなか減らず、どうやらこの夏いっぱいは続きそうだった。ーーー蒔野に会うまでは」

「自由意志というのは、未来に対してはなくてはならない希望だ。自分には、何かができるはずだと、人間は信じる必要がある。そうだね?しかし洋子、だからこそ、過去に対しては悔恨となる。何か出来たはずではなかったか、と。運命論の方が、慰めになることもある。」(映画監督の洋子の父が洋子に)

「マチネの終わりに」平野啓一郎著
posted by かんちゃん at 11:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月05日

ホームページ作成から16年。215万アクセス!

ホームページを作成した数日後からページカウントを設置し、それ以来16年が経ちました。
あっという間の16年です.
その間、私の興味もいろいろと変わっていったところもあり、今ではホームページのタイトルにしている「浄土宗摂取山念佛寺とフォルクローレ」の後半部分は何もできていない。
そんな時期もあったねという思い出で残している。
ホームページの400ほどのページにカウンタを設置し、そのまとめのカウンタをトップページにおいている。
下記のページ
ホームページ
昨年から出雲街道を参勤交代していた出雲・松江藩の参勤交代のスケジュールを作成しながら、ついでにあれも、これもと手を広げるばかりで、公開するに至っていないのが残念である。
今は、本屋大賞のノミネート作10作品が公表され、いまやっと半分の作品を読み終えたところで、しばらく読書にウェートがかかっていて、参勤交代の作成に手が回りきれていない状況である。
テレビなど見ずにやったらもう少し進めそうなのにそれもできずの今日このごろである。
posted by かんちゃん at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月25日

大雪もやっと峠を超えた

20170125170517_p.jpg20170125170435_p.jpg20170125170428_p.jpg
大雪が降って一時は112cmまでの積雪に。
我が家、念佛寺の境内は私の身長よりも高くなってしまっている。
低い庭木のあるところもあるが、積もった雪と除雪で次々に放り上げられた雪による。
今日は1日快晴で、予報では今夜から明日の朝にかけて氷点下11度くらいになるという。
屋根からせり出している雪も落とせるところは落としたが、まだまだたくさん積もっている。
!タグ!大雪
posted by かんちゃん at 17:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ

2017年01月22日

除雪機もこれで3度と寺の前 #jhaiku

20170121103433_p.jpg20170121103406_p.jpg20170121103342_p.jpg
昨日の朝で除籍の使用も3回目となった。
2時間半かけて境内を少し広めに開ける。
除雪機よりはるかな高くなっている雪の壁に挑む。
最初は雪の壁をよじ登るように。ひっくり返らないように、その手前でもとのように水平に戻し、次は後ろを持ち上げるようにして前に。
結構腕や腰を使う。
こうして広げることができる時に広げておく。
今も雪が降っている。朝から10cmは積もっている。
吹雪!
新庄村役場前の積雪データでは54cmとなっていた。
念佛寺の境内は除雪機で飛ばした雪や屋根からずり落ちた、あるいは落とした雪で1m50以上になっているところもある。
明日以降もまた除雪機が必要かもしれない。今そんな降り方だ。
!タグ!除雪機 俳句
posted by かんちゃん at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ

2016年12月15日

新庄村の山にも里にも冬が来た

20161215083619_p.jpg
やっと。
今年も温かい冬なんだろうか。
12月半ばでやっと初雪。
これからどんな冬を迎えるんだろうか。
笠杖山はほとんど霧の中。
朝日が当たって青空まで見えてる。
posted by かんちゃん at 14:18 | Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれ

2016年12月12日

オニグルミの実をフライパンで取り出す

IMG_20161212_140732.jpgIMG_20161212_110823.jpgIMG_20161212_102732.jpgIMG_20161212_093941.jpg
オニグルミを金槌で叩き潰して実を取り出していたが、中の実も少なく、いい方法はないものかとネット検索。
ありました。
水に少し付けたあとフライパンで炒る。
しばらく中火でやっていると口を開けてくる。
外においていた期間のせいか大きくは開かないが、先の狭いもの(牡蠣を割るのに使っていたナイフがあったのでそれを使う)で突き刺し割っていった。
1回で開けることができなかったのは同じ工程を繰り返したがそれほど大差なく、最後は栗の鬼皮を剥く「クリクリ坊主」を割れ目に沿って歯を立て割る。
30個ほどのくるみで小さな器を満たすことにはならなかった。
それでも、クルミの実の取り出し方の1つの方法を体験できたことは良かった。
posted by かんちゃん at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ

2016年12月07日

霜の形

20161203075141_p_resized_by_AVG_Image_Shrinker.jpg

霜を拡大したわけでもない。

霜は畑を白くするが、草や野菜に降りたものは、それらの形をより見事に表現してくれる。

もっとアップで撮るとまた違った世界も見えてくるんだろうな。

posted by かんちゃん at 19:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ

2016年11月28日

旧友とよもやま話冠雪や #jhaiku

DSC_3334_resized_by_AVG_Image_Shrinker.jpg

旧友とよもやま話冠雪や


男3人、何年ぶりの再会か?

学生時代から2,3度目か。

関西大学経済研究部で4年間活動を共にした旧友。

あれやこれ、今だから笑って話せるrあんなことこんなこと。


お互い白いものが増えてきた?

白くなるものも減ってきているのだ。


思い立ってから2週間も立っていない。

3時間、4時間かけて、新庄村まで来てくれた。

がいせん桜通りでは通りの両側の桜並木と水路の水の綺麗さ、そして池の鯉。

街の東側に出ると枝垂れ桜の並木。


車で移動して、ロックフィルダムの土用ダム(残念ながら下からわずかに見える石積みだけ)、不動滝の女滝(めんだき)、(男滝ーおんだきーは工事中で残念ながら見に行けず)、嵐ガ乢から後鳥羽上皇の歌の石碑。

野土呂の名水湧き水(2台の車が来ていた。ポリタンクをたくさん側において水を汲んでいた)、

野土呂トンネルを抜けて、ベアバレースキー場の少し上から見た大山の風景。


小さな新庄村だが観る所はいくつもあり、2人の旧友は喜んでくれた。これが最高に嬉しいものである。


夜は休暇村蒜山高原。滑り込みで予約も取れ、夜も朝も多くの種類のバイキング料理についつい食べすぎてしまう。


また会いたいものだ。

他の同窓にも会いたいものだ。

posted by かんちゃん at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ

2016年11月02日

大根を抜いてみた

IMG_20161101_155507_1478083998568.jpg

大根を抜いて写真を撮ったものを編集したのが下の写真です。

2本の大根の大きさの差は何なんだろう?

曲がったものは畝の端にあったもの。

何が気に入らなくてこれほど曲がったのだろう?

辛くもなく大根サラダや煮物にして初大根をいただきました。

posted by かんちゃん at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ

2016年09月17日

団子の粉でパスタに挑戦

IMG_20160904_113559.jpgIMG_20160904_113254.jpgIMG_20160904_112247.jpgIMG_20160904_110417.jpgIMG_20160904_105300.jpg

9月4日、新庄村のヒメノモチ100%の団子の粉を小麦粉の代わりにして、パスタを作ってみる。

ホームベーカリーのレシピに載っている分量で作ってみる。

やはり小麦粉とでは随分違うようだ。

HBから取り出したときには硬い塊状態。

1時間冷蔵庫で休ませて伸ばしかけるが、写真のように割れてきた。

何とか1mmくらいの厚さに伸ばして、丸めて切っていく。

2〜3cmくらいの長さでちぎれてしまう。

熱湯に入れてしばらくすると浮いてきたのでザルに上げる。

もち米ばかりだからベトベトの状態。

トマトで作ったソースをかけて、リゾットみたいと言いつつ食べる。


さてどんなにしたら上手く行くのだろう?

1.米粉とブレンドする。比率は?

2.1に玉子の分量を増やす。

posted by かんちゃん at 14:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ

2016年08月27日

盆の念佛寺施餓鬼会の法話のページを作りました。

お盆の念佛寺の施餓鬼会での法話のページをやっとまとめました。
法話のページは「ほうほう蛍来い〜こっちの水は甘いぞ」〜浄土宗摂取山念佛寺法話というタイトルで、当日の法話の原稿とその原稿を作るにあたっての参考資料をまとめたものです。hotarukoi.jpg
posted by かんちゃん at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月18日

百日紅、今五分咲き

DSC_3173_resized_by_AVG_Image_Shrinker.jpgDSC_3170_resized_by_AVG_Image_Shrinker.jpgDSC_3171_resized_by_AVG_Image_Shrinker.jpgDSC_3172_resized_by_AVG_Image_Shrinker.jpg

お盆を過ぎて念佛寺のサルスベリは五分咲き。

雨の少ない夏だったから、咲くのが遅くなったのだろうか。

まだ蕾もたくさんついている。

がいせん桜も水分不足対応するため、桜の木自体が、省エネを目指して葉を次々に落としている。

サルスベリも、少しずつ咲いては花を散らす作戦に出ているのだろうか。

posted by かんちゃん at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花はな

2016年08月17日

クリスマスローズ、育ててみませんか

IMG_20160813_063911.jpg

今年のお盆は、念佛寺の本堂の前に「育ててみませんか」として、クリスマスローズの株を20ほど準備して、興味のある方に自由に持って帰っていたただいた。

16日にはすべて引き取っていただいた。

それぞれのお家で、無事育ってもらいたいものです。

これからもお彼岸なり、お盆なり、お寺の方に人が寄る時期に合わせて何らかの植物を配布できたらと思う。

お分けするようなものがあることとこちらの準備するゆとりがあることが合わないとできないのですが。

posted by かんちゃん at 12:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ

2016年07月30日

昨年より1日早い念佛寺の百日紅

DSC_3149.JPG

7月28日に百日紅が2房咲いていた。

昨年より1日早い。

咲いている場所は昨年と同じような枝。

さて今年も見事に咲いてくれるといいのですが。

楽しみです。

posted by かんちゃん at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花はな

2016年07月20日

畑もひと休み

IMG_20160720_151014.jpg

玉ねぎ、じゃが芋、人参の収穫したあとはひと休み。

新庄村有機サポートセンターの渡辺さんの指導を受けながら、サポートセンターの堆肥を撒きえひめAIを薄めて撒き、苦土石灰、マンガン、鉄分、813などを撒き終わったところの写真です。

この後、管理機で耕耘し畝を作って本日は終了。

後日、透明マルチを張る予定。

posted by かんちゃん at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ

2016年07月18日

ノウゼンカズラも梅雨明けを待ってたか

DSC_3140_resized_by_AVG_Image_Shrinker.jpgDSC_3139_resized_by_AVG_Image_Shrinker.jpgDSC_3141_resized_by_AVG_Image_Shrinker.jpg

今日やっと梅雨明け。よく降った梅雨の間を耐えていたかのように今日はここぞとばかりに花開いた。

今年はたっぷりと花を開いてくれた。

posted by かんちゃん at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花はな

2016年07月05日

行者ニンニクの種が!

IMG_20160704_102801.jpg

行者ニンニクの株を頂いたWさんから、そろそろ種をとっておいて種を蒔くとよいという話を聞き、雨が上がった昨日様子を見た。

ところが、ネギ坊主が見当たらない!

ネギ坊主があった茎をたどってみると、地面の中に?!

雨に打たれて垂れ下がり、地面に食べられちゃったのか?

茎だけが土に潜っていた。

掘ってみようかとも思ったが、自然のままにしておくことにした。

posted by かんちゃん at 09:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花はな

2016年06月03日

銀盃草が今年もたくさん咲きました

DSC_2889_resized_by_AVG_Image_Shrinker.jpg

家の前の庭に銀盃草が咲き誇りました。

白い花が盃のよう。

10cmちょっとの背丈。

花が咲くまでは、この間に生える草を取り除くのが大変。

posted by かんちゃん at 13:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花はな

2016年05月28日

フランスパンにレーズン

IMG_20160528_070610_resized_by_AVG_Image_Shrinker.jpgIMG_20160527_124853_resized_by_AVG_Image_Shrinker.jpg

今回作ったフランスパンにはレーズンを入れてみました。

1週間に2回近くホームベーカリーでフランスパンを作っていると、いろいろ手を変えて作ってみたくなります。

Cuocaのフランスパン専用の小麦粉「トラディショナル」240gに、全粒粉を40g、塩麹大さじ1に200ccの水、5gのバターに、レーズン。オット忘れてはならないのがドライイースト。

朝食には買ってきたカスピカヨーグルトを100ccと牛乳1000ccを入れてカモシコで作った我が家のカスピ海ヨーグルト。

最近にそれにカルビーのフルグラが定番になってきている。

朝だけは食事中にテレビがついている。めざましテレビ〜7:15からNHKBSの朝ドラ「てるてる家族」、7:30からの「とと姉ちゃん」。

日曜日以外の毎日の定番の朝だ。

posted by かんちゃん at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ
最後までご覧いただきありがとうございました。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ